蒸しタオル 時間

蒸しタオルをあてる時間ってどのくらい?

蒸しタオル,時間

 

蒸しタオルを使った美容方法は今では効果がある定番のスキンケア方法になっていますね。そんな蒸しタオルですが、「何分くらいあてていればいいの?」という疑問をお持ちではないですか。

 

私はつい「冷めたら終わり」のようになっていたのですが、ちゃんと毛穴を開いてケアをするためにも、蒸しタオルをあてておく理想の時間を知っておきましょう。

 

 

蒸しタオルをあてておく時間

 

毛穴ケアをする場合、蒸しタオルをあてるのは、約3分間が理想です。この3分の間に毛穴をしっかり開かせて、ケアをするというわけですね。

 

 

※眼精疲労対策の場合は10分、肩こり解消の場合は冷めるまであてるを繰り返す、など、用途によって差はあります。詳しい活用法はこちらにまとめています。

 

 

 

 

 しかし、ここで一つ問題が。

蒸しタオルってすぐに冷めてしまいますよね。
私も蒸しタオルをいつも通りに作って使うと3分も温かさが持続せず冷めてしまいます。

 

そこでおすすめなのが、

  • 厚めのタオルを使うこと
  • 蒸しタオルの上から乾いたタオルを重ねること

です。

 

薄手のタオルよりも厚手のタオルの方が断然冷めにくいです。
さらにその上からタオルを重ねることでより熱が逃げにくいようにします。

 

温かい蒸しタオルを確実に3分間肌にあてるために、蒸しタオルを2つ用意しておいて冷めたら交換するというやり方もおすすめです。

 

 

まとめ

毛穴ケアの場合、蒸しタオルをあてておく理想時間は約3分間です。3分間蒸しタオルをあてておくことで毛穴をしっかり開かせることができます。

 

とはいえ蒸しタオルは冷めやすいので、

  • 厚手のタオルを使うこと
  • 蒸しタオルの上に乾いたタオルを重ねること
  • 予備の蒸しタオルを用意しておくこと

などの対策をしっかりしましょう。

 

 普段のクレンジングを蒸しタオルを使ったスペシャルケアにする方法



ホーム RSS購読 サイトマップ