蒸しタオル 長持ち

必見!すぐに冷める蒸しタオルを長持ちさせる方法

蒸しタオル,長持ち

 

蒸しタオルを使った美容方法やリフレッシュ方法は、今や定番となりましたね。

 

そんな蒸しタオルの特徴として、冷めやすいというのが挙げられます。せっかく蒸しタオルをあてて毛穴を開こうと思っても、すぐに冷めてしまってうまくいかず結局あきらめた…という事態になっては本当にもったいないので、蒸しタオルを長持ちさせる方法を紹介していきたいと思います!

 

 

蒸しタオルの特徴としての冷めやすさ

そもそも、蒸しタオルが冷めていくこと自体は悪いことではありません。
というのは、肩こりや眼精疲労解消のために使う場合には、温めることと冷やすことの両方を一つのタオルで行えるということが最大のメリットになっているからです。

 

この性質を利用することで、筋肉の弛緩と収縮を繰り返すことができ、ポンプのように老廃物を流してくれます。

 

しかし一方で、毛穴ケアの場合は、最低でも3分は温かい状態を保ちたいところです。そうすることでしっかり毛穴を開かせることができ、その後のケアの効果を格段に上げてくれます。

 

 

蒸しタオルの温かさを長持ちさせる方法

では、蒸しタオルの温かさを長持ちさせる方法を紹介していきます。

 

厚手のタオルを使う

薄いタオルより厚いタオルの方が断然冷めにくいです。厚手のタオルというとスポーツタオルのようなタイプですね。逆に温泉にあるような薄手のタオルだと本当に一瞬で冷めてしまうので、おすすめできません。

 

乾いたタオルを重ねる

蒸しタオルをつくって肌にあてたら、その上からさらに乾いたタオルを重ねます。こうすることで、熱が逃げるのを防ぐことができますので、温かさが長持ちします。

 

ジップロックで蒸しタオルを作ってストックしておく

蒸しタオルを作るときにジップロックにタオルを入れて複数個作りストックしておけば、冷め始めたらすぐに交換できますので、温かい状態を保つことができます。ジップロックに入れておくことで、ストックしておいても冷めにくくなります。

 

 

まとめ

蒸しタオルは用途によって少し使い方が異なりますが、温かさを保ちたいなら、以下の方法を試してみてくださいね。

 

  • 厚手のタオルを使う
  • 乾いたタオルを重ねる
  • 蒸しタオルをストック

 

蒸しタオルを活用してスッキリした毎日を送りましょう♪

 

 

 知っておきたい!蒸しタオルを使ったクレンジング方法はこちら